住宅火災から『逃げ遅れ』を防ぐために

住宅火災で亡くなる方の約半数以上が、「逃げ遅れ」となっています。
火災からの「逃げ遅れ」を防ぎ命を守るために、火災の発生を感知し知らせる「住宅用火災警報器」を適切な場所に設置し、定期的に点検をしましょう。
正常に動作しない場合や設置後10年が経過している場合は、本体の交換が必要です。

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201603/3.html

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP